(^∇^)


痛み止めの点滴は毎週火曜日なのですが、


昨日行けなかったので、今日行って来ました。


実は私の腕は看護師泣かせの腕で


細いし見えないという厄介な血管なのです。


そのため、1回で成功する確率は低く、


たぶん平均1.8回くらい刺されるかな。


おかげさまで針の痛みも恐怖心も


もはや何もない。


どうぞ何回でも刺して下さいって感じ。


で、いつもと違う曜日に行ったので


いつも担当している看護師さんはいなくて


まだキャリア数ヶ月という新人の看護師さんが


点滴にチャレンジしてきた。


2回失敗して3回目のことです。


私くらいの点滴のプロ(笑)になると


針を刺した瞬間にうまく入ったか


わかるのようになるのですが、


うまく入ったよーって言っても


なぜか刺した瞬間の血液の逆流がない。


あれー?


4回目。またうまくいった感じだったけど


血液の逆流がない。


また抜いて5回目。


看護師さんの手が明らかに震えている。


何か申し訳ない。


またうまく入った感じだったけど


やっぱり血液の逆流がない。


もしかしてチューブの方が悪いんじゃないの?


ってことで、継手のとこにプラスチックの


注射をはめてスポイトの要領で引くと


血液の逆流があった。


やっぱりチューブ側が良くなかったみたい。


でもさすがに4回も失敗して


腕に4ヶ所もシール貼ってあったため


新人の看護師さんは少し動揺していて


継手のとこの注射器を抜くべきところを


なぜか針とチューブのつなぎ目のところを


抜いちゃって、逆流していた血液が


床に飛び散った。


まさに殺人現場。


動揺することなんかないのにねー。


おそらく3回目から3連発で成功していたし、


毎週火曜日の担当看護師さんは


7回刺しという記録保持者だからー。


ちなみにその担当看護師さんは


実は注射がめちゃくちゃ上手い人なんだ。


最初の頃、誰がやってもうまくいかなくて


上手い人代表で出てきたのが


その担当看護師さん。


私の血液が欠陥なのだ。


で、なんだっけ。


あ、ハロウィンか。


帰りに金山のローソンに寄ったら


レジのところに大きなカボチャが


置いてあって、胸のネームプレートのところに


みんなカボチャのシールが貼ってあった。


まだ1ヶ月以上前じゃん。


せめて10月に入ってからにすればいいのに。


以上。