(⌒▽⌒)


ちょうど2年前、娘にiPodを買ってあげた。


お年玉代わりにiPodの本体、


1月の誕生日にカスタマイズしたイヤホン。


中学生にもなるし音楽も聴くように


なるだろうからと買ってあげたものです。


とても大事に使っていたようですが


スリープボタンが不調のようで


修理に出したいと持ってきた。


受け取ってみてビックリ。


全く傷もついていなく、まるで新品みたい。


こんなにも大切に使っていたのか…。


大切に使っている理由は


iPodに刻印サービスで文字を


入れてもらっているから。


画像1



娘は漢字一文字で「陽」と書き、


「ひなた」と読む。


名前はも漢字も私が考えた。


最近は世間でひなちゃんがやたら


増えているが、2000年の頃には


まだランキングに入っていなかった。


当時は美咲ちゃんが1位だったかな。


世間でひなちゃんが増え出したのは


少し後で、保育園とか仕事の関係で


5回変わったけど、2つ下くらいに


必ずひなちゃんがいた。


時代を先取りした私です。


iPodの刻印の言葉は、私が名前にこめた想い。


それをこんなに大切に使ってくれるとは。


嬉しいよね。


実は少し前からiPodの調子は悪かったらしい。


それで自分で調べてみた結果、


修理に出すと刻印部分は補償されないらしくて


それが嫌でなかなか言い出せなかったみたい。


泣かせるね。


Appleさんに何とかお願いして


刻印部分が残るように修理してもらいたい。


きっとAppleさんなら対応してくれるよね。