|( ̄3 ̄)|


うーん。不幸な事故が続く。


あのさ、事故に遭いました。


車に轢かれました。


アゴ擦りむきました。





ビルの1階にある銀行の出入り口の前を


通り過ぎようとしたとき、


その出入り口のところから


電動車椅子が飛び出してきて


轢かれました。


出入り口の前を通り過ぎようとした時


つまり、私がぶつけられたのは


腰のあたりです。


出会い頭というわけではなく、


私が先に横切っていて、通過し終える


直前あたりに横から電動車椅子。


生身の人間と機械。


前方不注意なのは明らかに相手。


もし裁判とかになっても


過失割合は0-10にはならないかも


しれないけど、相手の方が過失割合は


高いはず。


だけどね…、なんかさー、周りの雰囲気が


なぜか車椅子のおじいさんを心配する


人が多くて、私の不注意みたいな


感じで見られてさ。


見たところ、おそらく脳血管疾患系の


後遺症だと思うんだけど、


手はうまく動かないみたいだし、


顔の表情もあまりない。


話しかけてもあまり反応しない。


でもね、一人で銀行に来てたんだから


それなりにしっかりとしているはず。


銀行の出入り口の前に少し段差があって


それを乗り越えるために勢い良く


飛び出してきたのだと思う。


だから状況判断もできているはず。


相手の方が重い障害だと思いますが、


生身の人間が機械に激突されたら


転びますよ。


別に軽いけがだったし、相手は無傷だし


訴訟マニアでも何でもないので


今後気をつけてくださいねーと一言で


終わりましたが、後味は悪い。


杖はさロフスト・ランドクラッチっていう


腕を通すタイプの杖だから、


転ぶ時にとっさに手を付いて


顔を守るとかできないんだよね。


歯とか折れなくて良かった。


傷跡が残ったらお嫁にいけない。


だからと言って、そのおじいさんに


責任とって結婚してとは言いたくない。


イヤです。


おじいさんざ何を言っても反応しなかったのが


本当にイヤな気分。


何かあったときに対応できないなら


一人で外に出すべきではないし


周りの人の反応も変だった。


おじいさん、障害、電動車椅子だからと言って


おじいさんを弱者と決めつけるのも


変だよね。


イヤな気分の1日だった。