image

( ◜◡◝ )


私の大好きな万年筆メーカーの


セーラー万年筆。


社長解任。


image



解任された社長は解任は無効だと


法廷闘争に持ち込もうとしている。


image



うーん。


この内容を読む限り、社長が悪い。


働けよ!


ひとーつ。


業績が悪いのに、講演会などの


私的な活動ばかり。


やめてほしい。←まともな意見。


ふたーつ。


知人が仲介するわけのわからない


仕入商品を持ち込む。


やめてほしい。←まともな意見。


みっつ。


得意先くらい回れよ。←まともな意見。


『中島氏は旧大蔵省(現財務省)出身。


主計局次長などを務めたが、


過剰接待問題で95年に退官。


09年12月から


セーラー万年筆社長を務めていた。』


うーむ、真っ暗な人。


年賀状を手で書く人が減ったけど、


でもまだ手で書く人もいる。


万年筆の良さをアピールするのに


いいタイミングだよ。


STORiAという8色のカラーインクが


発売され、万年筆で年賀状を


書いてみようというイベントで


子どもたちもたくさん集まったという


記事を先日読んだばかり。


万年筆は高い。手入れも必要。


放置するとインクが固まる。


稀にインクが漏れることもある。


ボールペンや他のペンに比べれば


普段使いには向かないかもしれない。


でも、万年筆はすごくいいよ。


ペン先の形も使う人の個性に合わせて


微妙に変化していくし、


ちょっと手入れが大変な分、


それだけ大事に使える。


万年筆を持って字を書こうとすると


背筋がぴーんとなる。


綺麗な字を書こうと思う。


そんな素敵な物だよ。


社内のゴタゴタはユーザーにとって


マイナスでしかない。


早く解決して、使いたくなる万年筆を


また開発してほしいな。