image

( ◜◡◝ )


image



強い‼️


さて、しばらく間が空いてしまいましたが


長期連載をコツコツと続けていこうと


思います。


中3となると、やはり一番の問題は


高校受験ですね。


公立中学だったので受験はなく、


高校受験が初めての受験となります。


数学で2とか音楽で1とかを取っていた私も


中3で先生が変わると評価も変わり、


オール5(美術除く…)でした。


ここで少し余計なお話。


今ではもう走ることすらできませんが、


実は私は運動が得意な方で、


小さい頃から何かに真剣に


取り組んでいたらもしかしたら


日の丸を背負っていた…


まぁそこまでではないでしょうが、


競技によっては県内トップクラスとか


全国大会に出場できていたかも


しれないとよく言われます。


小学校2年生の時、4月から2つ年上の兄と


スイミングスクールに通っていました。


大人になってから聞いたのですが、


当時、父は兄と一緒にスイミングスクールに


通わせることを反対していたそうです。


その理由は、私が兄を抜いてしまう


可能性があるから…。


それに対し、母は2つ歳が離れているし


男と女。いくら運動が得意でない兄でも


まさか抜かれることはないだろう


ということで、一緒に通わせたようです。


2人一緒の方が楽ということも


あったと思います。


スイミングスクールのクラスは


細かいのは忘れましたが、


グッピーとかカープとかお魚の名前で


一番上のクラスがくじらさんのホエール。


私は低学年ということでグッピースタート。


兄は高学年なので一つ上のクラス


ニジマスか何かだったかな…なんか


そんなようなクラスからスタート。


昇級テストみたいなものがあり、


兄は順調にクラスが上がり、


症状をもらって帰ってくる。


私はなかなか上に上がれない。


いつも悔しくて泣いていた。


兄が3つくらいクラスを上げた頃に


私はようやくグッピーを抜け出した。


そこからですよ。私の逆襲。


半年過ぎたくらいで兄に追いつき、


新年を迎える前くらいに追い抜き、


3年生になる直前に私は夕方のコースから


夜間コースに昇級してしまいました。


ところがですね、小学校3年生の女の子。


夜に1人は嫌だ。


お兄ちゃんと一緒じゃなきゃ嫌だ。


夜なら行かない。


と泣いて抵抗する。


兄も5年生になり、スポーツ少年団の


ソフトボールの試合とかも増えるからと


いうことで、一緒にスイミングを


辞めることになりました。


その時、スイミングスクールの先生が


わざわざ家まで来て、私を辞めさせないで


くださいと必死に頼んだんだって。


小3の女の子で体も小さく筋力もなく


それでもこれほど早く泳げるのは


天性の素質があるって。


指導歴20年で何百人という子どもを


見てきたけど、おそらくNo. 1の素質が


あるって。


でも、夜は怖い、1人は嫌だで


あっさり辞めちゃったんだけどね。


大人になってからそんな話聞かされても


どうにもならないよね。


あー、話がかなり脱線しました。


中学時代の話ね。


中学の時、男子は3種競技というものを


全員でやって、ポイントをつけて


上位30位までを貼り出していたのね。


100m走と走り幅跳びとハンドボール投げ。


この3種競技。


女子はバレーボールとかお遊びのような


授業をやりつつ、きゃーきゃー言いながら


野球部の○○君が一番だとか、


サッカー部の○○君の方がすごいとか


誰が一番になるか騒いでいるのね。


それで、結果的には投げる力のある


野球部の男子が上位を独占した感じかな。


100mと走り幅跳びは良くても


ハンドボール投げでダメっていう人が


サッカー部には多かったかな。


バスケ部にも能力の高い人が


そろっていたけど、少し不良連中だったので


真剣にやらなかったのかもね。


そういうのを見ていると血が騒ぐタイプで


最終日に男子の授業に乱入したのね。


乱入って言っても後片付けの時に


1回だけ測ってとお願いして参加。


その時の記録が100mが12.6秒。


走り幅跳び5m90cm。


ハンドボール投げ24m。


100mについては男子含めて3位。


走り幅跳びは2位。


ハンドボール投げは全然ダメだったけど


ポイントにすると総合5位になったとか。


男子担当の体育の先生がボー然と


していたよね。


野球部の人に聞いたら、遠投の距離を


測った時にホームベースの位置から


テニスコートのフェンスまで97mしか


なかったので、100m走といいつつ


実際は90m+くらいの距離しか


ないはずと言っていた。


走り幅跳びは陸上競技のように


踏切板から測るのではなく、


踏切の足の位置から測っているのと、


砂場に凹みがあるからその分


距離が出るようになっている。


だから正式な記録とは言えないけど、


男子に負けない記録を出せた。


100mっていうのはこの時測ったきりで


それ以後測ったことがない。


走り幅跳びは高校3年生の体力測定で


6m10cmが自己ベストかな。


高校生の運動会のとき


100mの岐阜県大会決勝に進出した


陸上部の女子選手をリレーで


抜いたのだから足は早かったよね。


まぁ抜いたと言っても完全に


私の負けでしたけどね。


その辺りは高校編のときに


書きましょうかね。


あー、何の話だっけ?


体育の話ね。バレーボールとかは


サーブとアタックは好きなんだけど


レシーブとかトスとかあまり上手では


なかったのね。持久走とかも


そんなに早いわけでもなく、


女子の中の授業ではそんなに


目立つような成績ではなかったけど、


男子がハードルをやっているときに、


私も走らせてもらったのね。


そしたらー、とんでもないタイムが


出そうだったんだけど、最後のハードルに


足が引っかかって派手に転んだのね。


そしたらー、それを見ていた


女子の体育の先生が、


あんな転び方をして顔から地面に


落ちずにちゃんと手をついたのは


すごい運動神経だ。普通なら絶対に


顔から地面に落ちてる。すごい❗️


ということで体育は5だった。


中3の時は体育を適当にやっても


無条件で成績は5。


これで絵の才能さえあったらなぁ…。


あら、受験のことについて


まったく書けませんでしたね。


長期連載だし、また次に書こう。


それではまた次回。